Webサイトの改善点を導き出す手順―アクセス解析とヒューリスティック分析をどう使う?

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

もっとコンバージョンを増やしたい!と思った際に、自分のWebサイトの課題を考えますが、そのアプローチには、大きく分けて2つの方法があります。

定量解析
定番のアクセス解析『過去の事実を統計し、定量的な分析をする方法』

定性解析
定番のヒューリスティック分析『Web分析の専門的な理論かつ客観的な知識を元に、定性的な分析をする方法』

ともに単体で分析としてある程度の課題を見つけることができますが、その双方をうまく絡めると、よりスピード感のある解決策を講じていくことが可能です。

アクセス解析では、「数字という事実に基づいて、課題がある場所を特定できる。」という結果を得られます。
一方、ヒューリスティック分析では…

 

▼詳しくはこちら▼
https://access-r.jp/access_report_blog/143/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]