個人のスキルでビジネスしている人こそコンテンツマーケティングに取り組むべき理由

個人のスキルでビジネスしている人こそコンテンツマーケティングに取り組むべき理由
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

最近、Google はブラウザのChromeのサードパーティークッキーを利用規制すると発表しました。

何のこと?と思った人が殆どだと思うので解説すると、これまでWeb広告で活用されてきた技術が使えなくしますよということです。これまでのWeb広告ではリターゲティング広告(一度訪問したことのある企業サイトの広告が他のサイトでも表示される)などによって見込の高い顧客に効率的に広告を表示させることが出来ていました。実は、それを実現していたのがサードパーティークッキーなのです。細かいことは気にしないでください。とにかく、サードパーティークッキーによって効率的に広告配信出来ていたのに、あと2年後くらいにはそれが出来なくなりますよと言うわけです。

理由は、近年話題になっているように個人情報保護の観点からです。これまでサードパーティークッキークッキーは厳密には個人情報ではなかったのですが、今後はサードパーティークッキーも個人情報と同等の扱いをすることになるのです。そのため、企業は今後Web広告の精度が悪化することを想定しているわけです。

フリーランスや士業の方に関係あるの?

こんなことを言われても、フリーランスや士業、スモールビジネスなど個人でビジネスを展開されている方にとっては何の関係もないでしょ?と思うかもしれません。しかし、そんなことはないのです。

続きはこちらから

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]