Webサイトからお問合せを獲得するために大切な「1つのこと」

Webサイトからお問合せを獲得するために大切な「1つのこと」
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

フリーランスの方や士業の方(弁護士・税理士・行政書士・会計士など)にとってWebサイトからお問合せを頂けることは非常にうれしいものですね。しかし、ほとんどの方々はWebサイトを持っていても、そう簡単にはお問合せを頂けるわけではなく、なかなか活用しきれないと感じていることが多いと思います。今回は、そんなフリーランスの方や士業の方(弁護士・税理士・行政書士・会計士など)向けにどうすればWebサイトからお問合せを獲得することが出来るのか?についてのポイントを簡単に説明したいと思います。

Webサイトは24時間働く営業マン

こんな言葉を聞いたことがある人も多いかもしれません。15年以上前にWebサイト制作会社がお客様に対して売り文句にしていた言葉です。お客さんが、いつでも見たいときに自社の特徴や詳細を知ってもらえるから「Webサイトは24時間働く営業マン」と言い始めたわけです。

一時期はこの言葉は廃れた感じがありましたが、私個人としては非常に大切なことだと今でも思っています。というのも、Webサイトでお問合せを獲得するためには、リアルな営業においても地道な努力が必要であるように、Webサイトにおいても非常に地道な努力が必要だからです。

リアルな営業のシーンを思い起こしてみましょう。営業マンであるあなたは、自社の商品サービスを説明しています。そんなとき、優秀な営業マンとダメな営業マンではどんな違いがあるでしょうか?知っている人も多いと思いますが、優秀な営業マンは、人によって言い方や説明する順番、声のトーンや強調するタイミング、どこまで詳細に話すのか?など様々なことを意識しています。しかし、ダメな営業マンは、ただひたすら同じ説明を様々なお客様にしてしまうのです。概略だけを知りたいお客様に詳細な仕様の説明をしてしまうなどは、ダメな営業マンの典型例です。

どんな商品サービスでも、お客様によって感じるメリットのポイントは違うものです。また、お客様によって同じ商品サービスでも使い方が違うのは当然でしょう。優秀な営業マンは、そのことを十分に認識していて、商品サービスを知りたいと思った背景や担当者の状況からどう説明すべきか、どんなレベルで説明するべきかを常に考えています。多少の間違いはあっても、すぐに修正できるのは、常に仮説をもって説明しているからです。そうやって、説明することでこの商品サービスがお客様に適しているのかどうかを効果的に説明することが出来るのです。

では、Webサイトの場合はどうでしょうか?

続きはこちらから

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]