大企業の96%がOSSを重視する時代の保守の穴を考える

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「大企業の96%がOSSを重視する時代の保守の穴を考える」を公開しました。

###

当社の顧問である吉政忠志氏のWebビジネス千里眼コラム第33回「大企業の96%がOSSを重視する時代の保守の穴を考える」がKUSANAGIパートナーであるディーアイエスソリューションで公開されました。興味がある方はご覧ください。

大企業の96%が、OSSが自社組織全体のインフラとして戦略的に重要視しているという調査データが発表された。(*1) このニュースにはいろいろな意味が含まれており、大手企業においてもOSSが重要であるという状態になったということでもあるが、戦略的に有効な技術として認識されたということでもある。
私がOSSのマーケッターとして仕事を始めた20年前は、OSSは予算が無くて技術力がある会社が使うという印象があり、OSSの普及のために私は大手企業の採用事例を一生懸命作ろうとしていた。あれから20年がたって、状況はずいぶん変わった。インターネットに接続されているOSのシェアではLinuxが圧倒的になり、今回のニュースにある通り、96%の大手企業が戦略的にOSSを重視している。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3675

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]