自社ホームページのリニューアルを成功させる方法-お悩み相談Q&A

企業のデジタルマーケティング運用に関する様々なご相談や課題に、経験豊富なディレクターからのアドバイスをご紹介している「お悩み相談Q&A」。 今回は、「自社のホームページが今っぽくないのでリニューアルしたい」というご相談です。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。


ディレクターバンクの烏田です。企業のデジタルマーケティング運用に関する様々なご相談や課題に、経験豊富なディレクターからのアドバイスをご紹介している「お悩み相談Q&A」。
今回は、「自社のホームページが今っぽくないのでリニューアルしたい」というご相談です。

今回のご相談内容

自社のホームページが古くなったので、リニューアルしたいです。

6年ほど前に自社のホームページを立ち上げました。スマートフォンでの表示にも対応し、当時としては最先端のホームページだったのですが、現在はやや時代遅れになってしまったと感じています。

社長からも「我が社のホームページは、今風(いまふう)じゃないので刷新せよ」という指示が降りてきています。リニューアルしたいと考えているのですが、リニューアル費用概算の見積もりをお願いできますか?

ディレクターからのアドバイス内容

まずは、「なに」を「どうしたい」か整理しましょう

ホームページの見た目が古くなったからリニューアルしたいというのは、重要な課題感です。ホームページは、自社のイメージにつながるので、ブランディングにも大きく寄与するものだからです。デジタルマーケティング上のイメージ戦略としてホームページの役割を考えるならば、デザインを刷新するという目的でリニューアルするのもよいと思います。

ただ、ホームページつまりWebサイトのリニューアルには、制作料金だけでなく時間と人的労力というコストもかかります。

もし、ただ単に「古臭いから新しくしたい」というだけの理由でリニューアルするのであれば、リニューアルすること自体が目的になってしまわないよう、何のためのリニューアルなのかをはっきりさせておくことが大切です。

ホームページが担う役割・目的が明確でないなら、いきなりコストをかけてリニューアルをする前に、まずそこを明確にすることをおすすめします。ある程度の役割は決まってはいても、「何かうまくいっていない」と感じているなら、改めて見直しをしましょう。

ブランディングではなく、より具体的に「商品に関する問い合わせの受け付け」とか、「自社の最新情報・お知らせの発信」など目的が明確になったら、ホームページに必要な機能や改善点も具体的になります。

ホームページの「なにを」「どうしたい」というポイントが整理されれば、制作コストの相場感や具体的な概算も見えてきます。

続きを読む

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]