企業オウンドメディア運用の改善仮説PDCAの回し方-お悩み相談Q&A

企業のデジタルマーケティング運用お悩みQ&A。今回は「自社のオウンドメディアで、効果的なPDCAの回し方が分からない」という運用に関するお悩みです。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

ディレクターバンクの烏田です。ディレクターバンクへご相談いただく、企業のデジタルマーケティング運用に関する様々な課題に、経験豊富なディレクターからのアドバイスをご紹介する「お悩み相談Q&A」。

今回は、自社のオウンドメディアで「効果的なPDCAの回し方が分からない」という運用に関するお悩みです。

今回のご相談内容

オウンドメディアの運用、何をどう改善したら良いのかわかりません。

自社サービスのPRを目的に、オウンドメディアを運営しています。スタートして3ヵ月ほど経ちましたが、運用していくなかで、何をどう改善したらいのかわからず手詰まり状態です。

先月の運用実績を分析して、改善仮説をたてようとはしているのですが、アクセス数自体がまだ少ないため、実績数値を見ながらどのように改善仮説や打ち手を考えていいのかわかりません。

みなさんどうやってPDCAを回してらっしゃるんでしょうか? 運用を磨き上げるためのノウハウが知りたいです。

ディレクターからのアドバイス内容

小さな改善を、地道に続けます。

オウンドメディアの運用は、地道なプロセスです。例えば、すでに公開済みの記事の内容や構成、各ページのCTA(Call To Action - 行動喚起)の位置などを随時変えていって、一ヵ月程度の単位で反応を見比べて検証するという、いわゆる「PDCAを回していく」作業の繰り返しです。広告のように、どかんとあてたら一発ヒット、ホームラン! という感じにはいきません。

オウンドメディアを始めたばかりで、まだアクセス数が少なくても、相対的に良い数字をみつけて、そこを伸ばす施策を施してみるなど、少しずつ積み上げていく作業を繰り返します。

私がオウンドメディア運用のお手伝いをさせていただく場合、基本的には月例の編集会議を行います。編集会議では、以下のような点を検討し、今後の対応項目を決定します。

 

ディレクターからのアドバイスの続きを読む

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

nofollow
HTMLのrel属性に指定する値の1つ。主にリンク(a要素)に指定することで、「 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]