「台風が起きてしまった場合の良い対応例とは?」台風19号発生時のTwitter、Facebookの対応事例集

今回は今年10月に発生した台風19号による影響を受けて、企業が投稿したSNSの事例を紹介します。 災害が発生した際の企業の対応例として参考にしてみてください。

目次
1.台風襲来の前後のTwitterの動向
2.Twitter投稿事例
3.Facebook投稿事例

台風襲来の前後のTwitterの動向

10月4日~10月21日までTwitterでツイートされた数はおよそ539,600件以上。
台風の影響がピークに達していた10月12日がツイート数も最高値に達しており、100,000件以上もの言及数が見られた。
台風の中でリアルタイムな情報を求めているユーザーがいかに多いかが見て取れる結果となっている。

本記事の続きはメンバーズのコラムからご覧ください>>

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]