【ゼロから解説!】決済代行とは?サービス内容・メリットや選び方のポイントを解説!

ECサイトの立ち上げを検討中のご担当者様へ、決済代行サービスの内容を紹介し、利用するメリット・デメリット、選ぶ際のポイントをゼロから解説していきます。
よろしければこちらもご覧ください

ECサイトを立ち上げる場合、より多くの人に利用してもらうためにも、決済手段について検討する必要があります。
さまざまな決済手段がありますが、決済サービスを提供している各企業とそれぞれ個別に契約を結ぶと事業者にとって負担が大きくなってしまうので、決済代行サービスを導入するのも一つの手です。

本記事では、決済代行サービスの内容を紹介し、利用するメリット・デメリット、選ぶ際のポイントを解説していきます。

1.決済代行サービスの役割や特徴を解説

まずは、決済代行サービスの内容や仕組みについて、基礎知識を中心に紹介していきます。

1-1.決済代行サービスとは

決済代行サービスとは、クレジットカード会社やコンビニなどの決済機関と、ECサイトなどを運営している事業者との間に入って、各種決済を提供するサービスのことです。

携帯会社によるキャリア決済や電子マネー、ID決済(ウォレット決済)など、決済方法の種類は増加傾向にあります。しかし、各決済機関とそれぞれ個別に契約しようとすると、各社ごとに契約やシステム構築などを行わなければなりません。そのため事業者の負担が大きくなってしまう場合もしばしばあります。

一方で、決済代行サービスであれば、それぞれの決済手段を一括で導入することができます。加えて、契約やシステム構築は決済代行会社一社と行うのみでよく、ECサイト運営者は手間やコストを削減することも可能です。

→続きを読む

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]