Gmailの容量を確認する方法を解説!ストレージの上限などもまとめます

gmailで使える容量の上限ってどれくらい?容量が一杯になったら追加は可能?Gmailの容量の確認の方法を画像付きで分かりやすく解説し、容量が足りなくなる原因や対策についてもご紹介しています!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

メールの送受信にGmailを使っているのですが、先日突然「空き容量が残りわずかです」とアラートが出てきました。

メールの量は多くないので不思議に思って調べてみると、個人のGoogleアカウントで使える容量は、「Googleドライブ」や「Googleフォト」なども全部まとめて「15GB」と設定されていることがわかりました。

容量不足の原因は子どもの写真や動画を大量にGoogleフォトに保存したことだったようです。

ビジネス上では、Googleドライブなどで大容量ファイルを受信した影響でGmailが突然使えなくなってしまったなんてことも起きているようです。

突然Gmailが使えなくなり、大事なメールの送受信ができなくなってしまうと大変ですよね。

そこで、今回はGmailの容量を確認・増やす方法をお伝えします。  

 

目次

1 Gmailの空き容量ってどれくらい?
2 Gmailの空き容量が少なくなる原因は?

 2.1 大きなサイズの添付ファイルを送受信することが多い
 2.2 Gmail以外のGoogleサービスも使っている
3 Gmail空き容量の確認方法
4 Gmail空き容量を増やす方法

 4.1 Googleドライブやフォトの容量を減らす
 4.2 Gmailの不要メールを削除する
 4.3 ストレージを購入する
5 Gmail以外のサービスを使うことで「空き容量問題」が解決するかも
 

 Gmail空き容量を増やす方法は3つあります。

  • Googleドライブやフォトの容量を減らす
  • Gmailの不要メールを削除する
  • ストレージを購入する

メルマガなどでサイズの大きなメールを日常的に一斉送信などしている場合は、あっと言う間に上限に達してしまう可能性が高いです。

その場合、ブラストメールのような一斉メール配信システムを使うのが有効です。

 

ストレージに送受信したメールを保存しないブラストメールでは、今回ご紹介しているような「空き容量不足」という問題がそもそも発生しません

 

続きはこちら↓(全文無料)

Gmailの容量を確認する方法を図解!ストレージの上限などもまとめます

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]