【実践版】Googleリスティング広告|品質スコアが上がる有効な対策3選

品質スコアを意識して改善していますか?広告の入札を有利にして、クリック単価を安くおさえよう!品質スコアを上げる有効な対策について品質スコアの意味から解説していきます。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。


Googleのリスティング(検索)広告を運用していく上で、重要な指標の一つとなる「品質スコア」。品質スコアが上がると、広告の入札が有利になり、クリック単価を低く抑えられるなど、複数のメリットがあります。何より品質スコアが高いということは、Googleが「これは良い広告・LPである」と認めたということです。

 

しかし、品質スコアを上げるための仕組みが複雑であることから、「どのように対策すればいいか分からない」という声をよく聞きます。

 

そこで今回、品質スコアを上げる有効な対策について品質スコアの意味から解説していきます。

Googleリスティング広告の品質スコアとは?品質スコアを上げる方法

https://mag.ibis.gs/marketing/qualityscore_190829/

 

◆Googleリスティング広告の品質スコアとは?

Googleリスティング広告の品質スコアとは、リスティング広告の広告グループに登録されているキーワードに対して、「キーワード単位」でGoogle側から自動的に評価がつけられる1~10の得点です。

 

この「キーワード単位」というのがポイントで、実際に評価されて得点がつけられているのはむしろ「広告」の品質なのですが、スコア自体は「キーワード」に対してつけられます。

リスティング広告で出稿している広告文の内容やランディングページがユーザーのニーズをうまく捉えることができているか、ユーザーがクリックしたくなる広告になっているかどうか、登録しているキーワードと広告文に一貫性があるかどうかなど、総合的な観点から評価されてつけられる得点が、この品質スコアです。

 

品質スコアは上記の図のように、「〇/10」という形で表示されます。最高点の10が獲得できれば理想なのですが、現実的な目標としては、7以上であれば十分に評価が高い状態と言っていいでしょう。4~6はまずまずの評価、3以下は早めに対策が必要、と覚えておいてください。

 

◆品質スコアを上げるための有効な対策3つ

品質スコアは総合的に評価される指標なので、スコアを上げるための必勝法というのは存在しないのですが、有効なアプローチはいくつか存在します。

 

①ターゲティングを絞る

②ランディングページを最適化する

③広告文を追加・修正する

 

>続きはこちら

https://mag.ibis.gs/marketing/qualityscore_190829/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]