PHPの最新状況:PHP 7.4の開発状況(第八回)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「PHPの最新状況:PHP 7.4の開発状況(第八回)」を公開しました。

###

PHPの最新状況:PHP 7.4の開発状況(第八回)
まだまだ残暑が厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。PHP7.4の開発は、引き続き、2019年末のリリースを目標に続けられています。今回のコラムでは、前回に続き、PHP 7.4における変更点について解説します。
PHP 8のJIT機能について
前回、PHP 8で導入が予定されるJIT (Just-In-Time)機能について紹介しました。この記事では、参考として、PHPに付属するベンチマーク用スクリプト(bench.phpおよびmicro_bench.php)によるテストの結果を示しましたが、結果の考察について注意が必要ですので、本稿で補足します。
前記事において、PHP8+jitではPHP7に比べて、アルゴリズム系を扱うbench.phpで約4倍、シンプルな言語機能を扱うmicro_bench.phpで約2倍と、実行速度が大幅に高速化されることを示しました。図1および図2のPHP 7.4とPHP 8.0 JITの結果の比較がそれにあたります。この結果には、注意すべき点があります。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3272

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]