kintone×ASTERIA Warpの組み合わせで さらなる業務効率化を実現する5つの利用パターン

アステリアでは各製品ホワイトペーパー、解説書、講演資料などをご提供しています。今回は、Web API活用の問題点と最適解をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください

kintoneとASTERIA Warpはその親和性の高さから組み合わせて利用されるケースが増大しつつあります。本書ではkintoneとASTERIA Warpを組み合わせて利用されているユーザーへの直接のヒアリングを元に、組み合わせ効果の最も高い5つの利用パターンを紹介いたします。

  1. 社内システムと連携しフロントエンドUIとしてkintoneを活用
    – ASTERIA Warpが抽出・加工処理したデータをkintone上で共有
  2. レポート出力の自動化
    – kintoneアプリから定型レポートを一定間隔で自動出力
  3. kintone x 他システム間の同期処理
    – 夜間バッチ処理でその日のアップデートを一括反映
  4. kintoneへのマイグレーション(移行)処理
    – グループウェア・CRM/SFAからのスムーズな移行を実現
  5. kintoneアプリ間連携
    – ASTERIA Warpでバックエンド処理したデータをkintone上で共有

▼ダウンロードはこちらのサイトから
https://www.asteria.com/jp/contact/warp/wp_warp_kintone_case/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]