膨大なIoTデータもリアルタイムに可視化!MotionBoard連携テンプレートのご紹介

ASTERIA Warpプロダクト担当による不定期連携デモ。今回はASTERIA WarpとMotionBoard連携テンプレートを使ったIoTの可視化をご紹介
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こんにちは、アステリアのナガタです。

今回は「MotionBoard」と連携を行うテンプレートをご紹介します! 
MotionBoardはウイングアーク1st株式会社が提供するBIダッシュボードで、さまざまなデータの可視化・分析を行うために使われています。 

テンプレートとして用意している機能は、CSVファイルやデータベースのデータをMotionBoardのリアルタイム連携機能に蓄積する機能です。 

リアルタイム連携とは、IoTデータをリアルタイムに蓄積し、可視化することができる機能です。異常値のアラート機能や蓄積データを外部のデータベースに保存する機能など刻一刻と変わるIoTデータをリアルタイムに活用するための様々な機能がついています。 

そんなMotionBoardリアルタイム連携テンプレートには…

 

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.asteria.com/jp/warp/blog/20190528/45196.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

リンク
WWW上でページとページをつなぐ仕組みで、元は「ハイパーリンク(hyperlin ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]