グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第63回 仮想デスクトップシステムのGCP移行プロジェクト(パート2)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第63回 仮想デスクトップシステムのGCP移行プロジェクト(パート2)」を公開しました

###

はじめに
 前回に引き続き、2019年に公開されたエッセイ「From Corp to Cloud: Google's Virtual Desktops」を元にして、Google社内の仮想デスクトップ移行プロジェクトを紹介します。今回は、仮想デスクトップ環境の要件や移行プロセスなど、具体的なプロジェクトの内容について説明します。
仮想デスクトップシステムの要件
 このプロジェクトでは、仮想デスクトップシステムの設計にあたり、次の4つを主要な要件として定義しました。
(1) 社内ネットワーク上にある物理ワークステーションと同じ方法で、開発環境などにアクセスできる。
(2) 仮想デスクトップ用のインスタンスは、既存のインベントリー管理システムで管理される。
(3) ログイン認証、パッケージアップデート、操作ログ管理などのセキュリティ機構を実装。
(4) 規定の範囲内において、ユーザーの指定する構成で仮想デスクトップを作成可能。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai263.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]