グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第64回 サーチエンジンのロードバランシング・アルゴリズム(パート1

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第64回 サーチエンジンのロードバランシング・アルゴリズム(パート1」を公開しました。

###

はじめに
 今回からは、2019年に公開された論文「Cache-aware load balancing of data center applications」を元にして、サーチエンジンのロードバランシングに関するアルゴリズムを紹介します。検索対象の単語ごとに担当するサーバーを分けて、サーバー内部のキャッシュのヒット率を高めるというシンプルなアイデアですが、複数の単語を含む検索文に適用するには、すこしばかり数学的な考え方が必要になります。今回は、具体的なアルゴリズムを説明する準備として、システム全体のアーキテクチャーを整理しておきます。
サーチエンジンの負荷分散方式
 ロードバランサーを用いた負荷分散には、いくつかの基本パターンがあります。すべてのサーバーに均等にリクエストを割り当てるラウンドロビンのほか、サーバーの負荷に応じて、リクエストの割り当てを増減するという方法もあります。さらに、より高度な方式としては、リクエストの内容に応じて、割り当て先のサーバーを変更するという方法(コンテンツベースのロードバランシング)もあります。リクエストの内容によって、それを処理できるサーバーが分かれている場合は、コンテンツベースのロードバランシングが必須となります。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai264.html

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]