グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第67回 Federated Learning:モバイルデバイスを用いた分散学習技術(パート1)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第67回 Federated Learning:モバイルデバイスを用いた分散学習技術(パート1)」を公開しました。

###

はじめに
 今回からは、2019年に公開された論文「Applied Federated Learning: Improving Google Keyboard Query Suggestions」を元にして、モバイルデバイスを用いた分散学習技術である「Federated Learning」の適用事例を紹介します。モバイルデバイス上で生成されるデータをサーバーに送信せず、ユーザー情報を適切に保護した状態で、デバイス上で学習処理を行う技術になります。

Federated Learningの適用事例

 冒頭の論文では、Federated Learningの具体的な適用事例として、Google Keyboard(Gboard)の検索キーワード予測機能が取り上げられています。Gboardは、モバイルデバイス用の文字入力システムで、2018年の時点で、10億台以上のデバイスにインストールされています。テキストの入力中に、関連する複数のWeb検索キーワードを表示する機能があり、ここで表示するキーワードの選択に機械学習モデルが用いられています。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai267.html

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]