「編集力」を鍛えれば、マーケティング思考を強化することができる。

「編集力」を鍛えれば、マーケティング思考を強化することができる。
よろしければこちらもご覧ください

情報の編集力とは何だろうか?それは多くの情報の中から、ある1つの視点から見た世界を作り上げる作業である。その編集力は使い方次第で良くも悪くもなる。例えば、ある人間のことを誰かに伝えようとするとき、悪意に満ちた視点から世界を作り上げることも出来る。その人の失敗や悪いところばかりを集め、それを構成していけば、まるでその人は極悪人のように感じられることだろう。逆に、悪い点には目をつむり、その人の良いところばかり集めて構成することも可能だ。そうすれば、その人は天使のような人間に見えるかもしれない。同じ人間であっても視点を変えれば全く違う世界を見せることが出来る。編集とは、どの情報が大切で、どの情報を無視するか、さらに重要と判断された情報をどのように整理し、伝達するかという行為なのである。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]