最新のGoogle Page Speed Insightsを使って原因が判明しても改善できない人へ

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「最新のGoogle Page Speed Insightsを使って原因が判明しても改善できない人へ」

上記の私のコラムがディーアイエスソリューションで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

Googleのツールを皆さん、使ってますでしょうか?
昔はGoogleから使いやすいツールが提供されていなかったので、SEOコンサルタントに依頼をしてアドバイスをいただいていたと思います。そのSEOコンサルタントにも様々な人がいまして、常に最新の正しい情報をもとに客観的にアドバイスをするホワイトハットと呼ばれるコンサルタントと、古い情報や間違った情報で主観的または不正なアドバイスをするブラックハットと呼ばれるコンサルタントの2種類が存在していたと言われています。

Google社はより良いコンテンツを提供する優良なサイトを適正な検索順位に序列させるために検索エンジンの精度を向上させ、今や不正やズルをしたSEOがほとんど有効に機能しなくなりました。そこで、多くのサイト管理者が適正なSEO対策を打てるようにとGoogleは以下のようなツールを提供しています。

・Page Speed Insights(スマホとPCでの表示スピードをチェックするツール)(今回リニューアルしました)
・TEST MY SITE(スマホでの表示スピードをチェックするツール)
・Google Search Console(総合チェックツール)
・モバイルフレンドリー(モバイル対応をチェックするツール)

SEOコンサルタントの話のみをうのみにするのはとても危険なので、必ず上記のツールを活用して定期的にチェックをされることをお勧めします。ちなみにチェックの基準も順次変更になっていくので、一度OKがでても、定期的に見てみるのがいいです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2018/11/29/page-speed-insights%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]