Googleの検索順位は「Contents is KING」と3つのツールでチェックすればOK

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

私のコラムがディーアイエスソリューションで公開されました。興味がある方はご覧ください。

###
いろいろなことをいろいろなコンサルタントや見識者が解説しています。

それらの多くの内容は正しいと思いますが、私はもっとシンプルなものだと思っています。

Googleは各コンテンツの検索順位を決める際に「検索者が欲しい情報を上位に掲載したい」という基準を最上位に掲げ、順位を決めていると思うのです。

例えば、「吉政忠志」(私の名前です)というキーワードで検索上位に掲載しようとした場合、Googleは「吉政忠志」を一番的確に説明しているコンテンツを一番上に掲載します。

実際に「吉政忠志」で検索するとWikipediaの記事が掲載されます。Wikipediaの記事は私の仕事内容や家族構成など客観的な内容が網羅的に書かれています。それ故に一番上に掲載されているのだと思います。

一方で、ある会社があるキーワードで上位に入れようとした場合、その上位より良いコンテンツにしなければ、基本的に上位には入りません。小手先の技や裏技を使って上位に入れようとしてもGoogleは全て見破り軽くペナルティを課してきます。

(この続きは以下をご覧ください)

https://www.si-jirei.jp/2018/08/30/%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0seo/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]