Google MFIにより、3000文字超のコンテンツが上位に掲載される神話が崩壊。この時代に求められるコンテンツとは

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

私が執筆したコラムが公開されました。

Webビジネス千里眼コラム第15回「Google MFIにより、3000文字超のコンテンツが上位に掲載される神話が崩壊。この時代に求められるコンテンツとは」

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「MFI重点により、長文のコンテンツが受ける時代は完全に終止符を打たれるはず。この時代に求められるコンテンツとは」という内容で書きます。

今回はかなり推測交じりの話をします。推測ですが、多分当たりです。

そもそもMFIとはという話になります。Mobile First Indexの略でGoogleが検索順位を決める重要な考え方として打ち出しています。簡単に言うと、「モバイルでGoogle検索した時に最適に良質なコンテンツが表示されるWebサイトを検索上位に表示します」というものです。(語弊があるかもしれませんがおおよそそんな感じです)

ちなみに、Mobile First Indexの基準を満たしているかどうかというのを調べるGoogleツールがありますので、気になる方や最近チェックしていない方は是非調べてみてください。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2018/07/18/google-mfi%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]