「その商品を買う理由は何?」顧客の購買行為の決めるものとは

多くの選択肢がある中でなぜそれを選んだか?消費者のニーズを的確に捉えるための方法論として『ジョブ理論』
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

多くの選択肢がある中でなぜそれを選ぶのか?
満たしたいニーズだけでなく、そのニーズをどう満たしたいか?という「望み(求める状態)」が大きく影響している・・・
この「ニーズと消費行動との因果関係」に着目し、消費者のニーズを的確に捉えるための方法論として『ジョブ理論』を発表したのが、企業におけるイノベーションの研究における第一人者で、ハーバード・ビジネス・スクールの教授であるクレイトン・M・クリステンセン。「イノベーションのジレンマ」の著者のクリステンセン氏の『ジョブ理論』を身近な話題を糸口に説明しています。

記事を全て読みたい場合はこちらから

https://genesiscom.jp/jobs-to-be-done/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]