2018年公開!WordPressの新エディタ『グーテンベルク』を使う

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2018年公開!WordPressの新エディタ『グーテンベルク』を使う(穂苅智哉のKUSANAGI高速セキュリティコラム)がKUSANAGIパートナーであるディーアイエスソリューションで公開されました。

今回は新エディタ『グーテンベルク』の話です。

興味がある方はご覧ください。

###
プライム・ストラテジーは、WordPressを使ったシステムインテグレーションとしてWebサイト構築、クラウドインテグレーション事業として各種セキュリティ対策のバージョンアップやパブリッククラウド選定、またその後の継続的なWordPressとサーバー保守作業としてKUSANAGIサポートサービスを展開しております。
前回は、意外と知らないWordPressのライセンスについて書いてきました。ライセンスは普段使っているとあまり意識しないと思いますが、実はしっかり決まっていてその範囲内で開発がされていたり使用がされていたりしています。
まだ見ていない方はぜひ御覧ください。

さて今回は、2018年にWordPressにとって大きな話題となる『WordPress 5.0』へのアップデート。その目玉の一つである、新エディタ『Gutenberg (グーテンベルグ)』についてです。

◆WordPress 5.0 と新エディタ『Gutenberg』
現在、WordPress 5.0の開発状況はこちらから確認できます。まだ40%程度。
https://core.trac.wordpress.org/milestone/5.0
しかし、新エディタ『Gutenberg (グーテンベルグ)』については、wordpress.orgの以下ページにてプラグインとして公開されています。

まだ、ベータ版ではありますがどんどん開発が進んでいるものを先んじて使ってみると良いと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2018/04/14/%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e6%96%b0%...

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

エゴベイト
「エゴベイト」とは、特定の人、あるいは集団の注目を引くために作られたコンテンツの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]