【翻訳】翻訳できない世界のことば

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l009_201803.html

「翻訳できない世界のことば」(エラ・フランシス・サンダース著)という本をご存知ですか?
多言語ではなかなか一言で言い表せないような、ことばばかりが集められています。

マレー語の「バナナを食べるときの所要時間」や、日本語の「積ん読」なども出てきますが、私が一番心に残った言葉はドイツ語の” KUMMERSPECK” (クンマーシュペック)。直訳すると「悲しいベーコン」、意味は「食べすぎがつづいて太ること」だそうです。たっぷりと皮下脂肪のついた体を指しているのでしょうか……


http://gahag.net/005520-woman-reading-book/

 

さて、なぜこれらの言葉は多言語に訳せないのでしょう?
それは、言語がその国の文化的背景と密接に結びついているからだと言えるでしょう。

ユーモアやことわざについても同様で、同じバックグラウンドを持つ人の間では言い得て妙なネタでも、外国人にはまったく伝わらず、説明しても理解されない、といったことと似ています。これらは、曖昧なカオスの中から意味を整理し、適切な言葉を当てはめてきた先人の知恵の結晶です。また、そういった「言葉のツボ」を押さえることが、コピーライティングでも重要です。

コピーライターは、言葉を当てはめることによって無形の概念を掘り出し、顧客の潜在的な(あるいは未だ存在していない)ニーズを引き出すプロです。(関連コラム:「「ウォーフの仮説」ってナニ?~part1言語と思考の関係性~

その言語を母国語として操るネイティブでなければ、言葉の持つニュアンスを正確には把握し切れず、人々の心に響く言葉を編み出すことも難しいでしょう。当社では、ネイティブの英文コピーライターが言葉の意味を掬い取り、再構築し、最適化を行っています。

 

M.S  コーディネーター

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エゴベイト
「エゴベイト」とは、特定の人、あるいは集団の注目を引くために作られたコンテンツの ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]