これからの中国市場 ~衣食住の「衣」①~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

私の友人で30代の中国人であるCさんは、中国国内で軽食チェーンレストランを経営しています。
 

Cさんは伝統的なビジネスマンと違って、新世代の若いビジネスマンの一人です。
服の種類は、日本でよく見るビジネーススーツではなく、カジュアルな洋服です。日本のビジネスマンと違って、商談の場でも彼はまったくスーツを着用しません。そんな彼は、日本のファションブランドの洋服を買っています。本店が目黒川付近にあるDESCENDANTや、2000年にHiroshiFujiwaraによって設立されたvisviumなどが彼の選択肢です。一点あたりの値段が、殆ど1.5万円以上で、半袖T-シャッツに関しては最低価格で7000円とのこと。
彼が着用している日本ブランドのカジュアル洋服は、商談の場で、彼の飲食店ブランドに「お洒落」、「前衛」、「進取」、更に「快適」、「落ち着く」、「親しみ易い」などと相手の目には映っているのかもしれません。

彼は1980年代後半生まれ、伝統的なサラリーマンスーツの代わりに、ややカジュアルな服で働き、服によって自分のセンスや趣味などを表現し、同じような考えや価値観を持つ人を誘って、事業を更に発展させています。経済的な自立、収入は、一般的な若い会社員より高く、センスやビジョン等、柔軟な考え方があります。今までのビジネスマンとは異なる自由さや、新しいものを試みるなど、まだ完全に階層化されていない中国社会では、徐々に増えているクラスです。

多忙なCさんは

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l010_201803.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]