【英語サイト制作】Webライティングにおける3つのポイントとは

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

上手なライティングはウェブサイトのユーザビリティーを120%から150%も上げる力を持っています。(※)英文に関する調査結果ではありますが、再デザインに比べ文字だけを直すので費用はかなり手頃になる割に、その効果は見劣りしていません

それを自分でするための3 つのポイントが下記です。

  1. 簡潔さ
  2. 速読性
  3. 客観性

1.簡潔さ

簡潔な文は、分かりやすく、そして短くまとめられている文です。どのような文章でも簡潔さは大切ですが、ウェブライティングではより重要です。それはウェブの文章は、紙ではないので読みにくく、読み飛ばされ易いからです。

ではどうすればいいかというと、まず脱線した不要な内容を削り、より簡単な言葉を使い、より短い文章に区切り、小さな段落にまとめればいいわけですが。これは練習が必要ですが、下記のように色々とサポートしてくれるサイトもあるので、活用してみてはいかがでしょう。

  ◆帯3日本語テキストの難易度を測る
  ◆日本語校正サポート

英語ならWordの文章校正でFlesch-Kincaid Grade Levelが8以下になることを心がけるのも一つ手です。
 

2.速読性

速読性と言うのは
 

▼詳しくはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l007_201803.html

    よろしければこちらもご覧ください
    この記事が役に立ったらシェア!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

    Web業界の転職情報

    もっと見る
    Sponsored by

    人気記事トップ10(過去7日間)

    今日の用語

    デッドリンク
    Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]