「情報が届きにくい」時代…いい加減なマーケティングは通用しなくなる

「情報が届きにくい」時代…いい加減なマーケティングは通用しなくなる
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ネット検索をすると私の過去の検索履歴や閲覧したコンテンツから私が好みそうな情報が並び、Amazonでは、これまでの購入履歴から私が購入しそうな商品が並びます。

Facebook・Twitter・instagramなどのSNSでは、気の合った仲間同士がつながるので、私と意見が異なる人とつながることはあまりなく、不快な思いをすることは少ない。不快な発言をする人がいれば、その人の発言は表示しないように設定してしまう。

このような便利な世界を実現したのは、パーソナライズのテクノロジーが発達したことと、ユーザーが情報の選別を容易にできるようになったことが大きな要因です。

この状態は、情報があふれかえった現代において、求められることだし、必要なことです。情報を選別できなければ処理しきれず情報に溺れてしまいます。

しかし、これは企業からすれば、消費者へ情報を提供することが難しくなるかもしれない現象とも言えます。消費者が自身の興味関心分野の情報だけに接するようになれば、企業はこれまでよりも情報を届けにくくなるからです。

 

続きはこちらからご覧いただけます。

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]