親方解説!PHPという言語は、Webアプリケーションを組む上で安全なのか危険なのか

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

古庄道明 親方の新連載「PHPでRASIS四方山話」がスタートしました。

「PHPという言語は、Webアプリケーションを組む上で安全なのか危険なのか」

興味がある方はご覧ください。

###
このたび、こちらで「PHPでRASIS四方山話」を書かせていただく事になりました。古庄、と申します。よろしくお願いいたします。
「PHPでRASIS四方山話」では、PHPを「業務で扱うシステム構築言語」として考える上での、発注から受注、設計から作成運用まで、様々な観点の四方山話をしていきたいと思っております。

PHPといえば「Webアプリケーション」で使われる事が多い言語かと思いますが。
Webアプリケーションと言いますと、昨今「セキュリティ」のお話が、兎角賑やかに、かつ定期的に、色々なお話が勃発する領域でもあります。
本稿では、まず「PHPでWebアプリケーションを組む」事を、セキュリティの観点から少し考えてみたいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/php01/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]