Google Web速度測定ツール「TEST MY SITE」で「要改善」になった状態から技術者に頼らず高速化する方法~WordPress編~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

吉政忠志氏による最新コラムが公開されました。
--
Google Web速度測定ツール「TEST MY SITE」で「要改善」になった状態から技術者に頼らず高速化する方法~WordPress編~
--
話題のGoogle社のWebサイトパフォーマンス測定ツール「TEST MY SITE」を使ってチェックされる方も多いと思います。ちゃんと運営していなかったり、サイトPV数が伸びているのに強化していないと、判定結果が「要改善」となったりしますよね。
「要改善」となると、サイトの遅さゆえに、モバイルユーザーの3割前後が離脱しているとレポート表示されます。3割も離脱すると結構大きいです。モバイルユーザーが遅ければPCユーザーも結構表示が遅くなるので、Google社のアドバイス通り、修正して「要改善」から脱出するべきです。
Googleの検索エンジンで上位表示させるにはGoogle社のアドバイス通りにやるのが大前提です。「TEST MY SITE」の素晴らしいところは無料で丁寧なアドバイスをメールで送ってくれるところです。技術者がいるサイトではその通りに対応すれば、ある程度は改善します。
でも、思ったより改善しなかったり、技術者がいないため、解決方法の意味がそもそも理解できず、対応もできない方もいると思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/yo_column34/

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]