Ruby on RailsベースのWebを無料で高速化!「KUSANAGI for Ruby on Railsの登場」

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Webビジネス千里眼コラム第08回「Ruby on Railsを高速化するKUSANAGI for Ruby on Railsの登場」が公開されました。

###
先日、プライム・ストラテジーから「Ruby on Railsを高速化するKUSANAGI for Ruby on Rails」が発表されました。

「KUSANAGI」はWordPressなどのPHP系のCMSやスクラッチのPHP系Webサイト全般の超高速化とセキュリティ強化を行う、OSSの実行環境になります。OSSなので「KUSANAGI」を利用するのは無料でできます。しかも、国内外の主要10以上のクラウドで簡単に利用できるので、世界中の誰もが簡単にKUSANAGIを利用できるのです。

いつでもどこでも無料で利用でき、超高速化とセキュリティ強化ができるので、すごく流行ってまして、2年間で国内1万サイトがKUSANAGI化されました。KUSANAGIはCentOSなど一般的なOSSを組み合わせてチューニングしたものなので、安心して利用できるということもあると思います。このような良いことばっかりのKUSANAGIですが、今までは効果が出るのがPHP系のみだったんですよね。

一方で、国内外のWebサイトの主要言語はPHPとRubyなので、かなり前からKUSANAGI for Ruby on Railsの登場が期待されていました。

昔、Rubyで作るWebサイトは遅いといわれた時代がありました。技術者の努力により改善されてきてはいますが、一方でRubyは大規模サイトでも使われるようになってきたので、高速化は今も求められています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2017/11/15/web%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%...

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]