フォレスター・リサーチ社VPが語る「カスタマー・アイデンティティは企業のマーケティングテクノロジーにおけるトップ5の1つ」【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

「企業のマーケティングテクノロジーにおけるトップ5の1つ」と位置付けるカスタマー・アイデンティティ・マネジメント。その理由について解説します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 Gigya社が最近開催したウェビナーでは、コンテクスチュアル・マーケティングとカスタマー・アイデンティティの関係について、フォレスター・リサーチ社のヴァイス・プレジテント兼プリンシパル・アナリストのJoe Stanhope氏ともに解説しました。プレゼンテーションにおいて、Joe氏は、カスタマー・アイデンティティ・マネジメントについていくつかの重要な示唆を行いました。

 「カスタマー・アイデンティティ・マネジメントは、企業にとっていまや戦略的な意味で必要不可欠なものとなっています。顧客をターゲットする、顧客体験をパーソナライズする、顧客とエンゲージする、顧客を理解するーこれらの能力は全てカスタマー・アイデンティティに依拠するのですから、素晴らしいカスタマー・リレーションを築くためにマーケッターがなし得る最も戦略的な機能はカスタマー・アイデンティティ・マネジメントなのです。」
Joe氏はまた、カスタマー・アイデンティティ・マネジメントを、企業が保有すべきマーケティングテクノロジーのトップ5の1つとして位置づけました。

この記事の続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]