究極のドライビング体験のためにカスタマー・アイデンティティが役立つ5つの方向性【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

自動車業界に大きなテクノロジー変革の波が到来しようとしています。カスタマー・アイデンティティ・マネジメントも、自動車業界に大きな影響を与えることになるでしょう。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 究極のドライビング体験のためにカスタマー・アイデンティティが役立つ5つの方法

信頼を得られるパーソナライズされたカスタマー・ジャーニーを可能にするという点においてカスタマー・アイデンティティ・マネジメントが本質的なコンポーネントとなるということについては自動車業界も例外ではありません。他の多くの消費者向けビジネスモデルと同様に、マーケティングやカスタマー・サービスのために導入された多くのデジタルチャネルにより「車を購入する」体験は劇的に変化しています。
自動車業界はいまや、顧客を購買へと向かわせるパーソナライズされた体験を提供することのできるデジタル・アイデンティティのパワーを駆使して消費者にエンゲージする機会を得られるようになりました。さらに、購買の後も、ドライバーそれぞれの興味・関心や、毎日の生活の中で車の使い方に沿うような形でサービスを提供することで長期的なロイヤルティを勝ち得ることも可能となったのです。

では、自動車業界がカスタマー・アイデンティティをデジタル戦略の中核と位置付けることで何が可能となるのでしょうか?

この記事の続きを読む

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]