海外と日本のスマホサイトデザイン比較 ~旅行サイト編~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

日本と海外のスマホサイトデザイン
異なるものとはなんとなく知っていても、実際、どのような違いがあるかお分かりでしょうか?
今回は「旅行サイト」に絞って、最新のデザインを調査してみました。

日本の旅行サイト
1
2

海外の旅行サイト
3
4

 

■色使い
日本のサイトは、コンテンツ毎に色を使うなど、色数を多めに使っている傾向がありますが、海外のサイトはテーマカラーを基調にしていて、色数を絞っている傾向があります。

■アイコン
日本のサイトはリンク用のアイコンを多用してデザインの重要な要素になっていますが、海外ではあまり使わずにシンプルなものを小さく使う傾向があります。

■キャンペーンバナー
日本のサイトは、PCサイト同様にスマホサイトでもキャンペーンバナーをスライドで見せるサイトが多くありますが、今回調べた中では、海外サイトはファーストビューに表示していません。
キャンペーンバナーがあってもページの中央や下部に配置してあり、プライオリティの違いが分かります。キャンペーンバナーの有り無しは、ファーストビューのデザインにおいて、最も違いを感じる要素になっています。

■情報量
日本のサイトは小さな画面になるべく多く情報を入れようとする傾向がありますが、海外のサイトでは、なるべく情報量を削る傾向があります。

■タップエリアのサイズ
サイトにもよりますが、日本のサイトでは十分なタップエリアのサイズを保っていないサイトがいくつか見受けられます。
海外は情報を詰め込まずに余白を取っているため、タップエリアも大きめのものが多いです。

■入力エリア
日本のサイトでは入力エリアの見出しを必ず入れますが、海外のサイトでは入力サンプルを表示させて、そこに何を入れれば良いかを気づかせる方法が特徴的です。入力エリアをなるべくシンプルに見せる傾向がありますね。

まとめ

PCサイトと基本的な傾向は同じで、海外サイトは要素を削り、シンプルで余白のあるレイアウトを好みますが、スマホの場合は画面が小さいので、さらに情報を絞り込み、徹底的に不要な要素を削っています。

狭い画面になるべく多くの情報を詰め込むという日本的な感性は海外のサイトでは嫌がられますので、コンセプトの段階から何が最も重要なのか、何を削ればシンプルで使いやすくなるのか、をキチンと決めて、ワイヤーフレームやデザインを進めなくてはなりません。

シンプル」で「使いやすく」さらに「美しい」スマホサイトデザインを目指しましょう。

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w002_201710.html

この記事が役に立ったらシェア!
tweet11はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]