ブレインパッド、大規模データ処理に対応した「Enterprise Data Warehouse on Azure」の提供を開始

Microsoft Azure HDInsight®を活用し、約10倍のパフォーマンスで処理可能に
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社ブレインパッドは、ビッグデータ対応データウェアハウス(DWH)ソリューション「Enterprise Data Warehouse on Azure」の提供を本日より開始いたします。

本ソリューションは、大規模データを高速に処理できる分析処理基盤を、低価格かつ短期間でクラウド上に構築できるサービスです。マイクロソフト社が提供する世界最高水準のマネージドサービスである「Microsoft Azure」および「Microsoft Azure HDInsight®」を活用することで、並列分散処理による大量データの高速処理はもちろん、同製品に搭載されているデータ保護・セキュリティ、ユーザー管理などエンタープライズシステムに必要な機能をフル活用することができます。

加えて、データ分析の実務を熟知したブレインパッドの豊富な実績に基づき、環境構築から運用支援、データ加工・分析処理の改善といった業務改善までをトータルで支援いたします。

このたびの提供開始にともない、クライアント企業の協力のもと、本ソリューションを活用したパフォーマンス検証を実施した結果、従来は約1時間かかっていたデータ加工・分析処理が約7分に短縮されるなど、劇的なパフォーマンス改善が確認されております。

本検証結果をさらに詳しくお知りになりたい方は、以下URLより資料をダウンロードください。

https://form.brainpad.co.jp/webapp/form/19108_ygcb_65/index.do

本リリースの詳細はこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]