Windows Server 2016の新機能、コンテナーを理解する

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「Windows Server 2016の新機能、コンテナーを理解する 」を公開しました。
前回の記事では、Windows Server コンテナーとHyper-V コンテナーを動かす環境の構築方法を紹介したので、今回はこれらのコンテナーの動きについて解説していきます。

この記事では、コンテナー ホスト/Windows Server コンテナー/Hyper-V コンテナーの3つの環境に対して、それぞれに接続した3つのPowerShellウィンドウを同時に起動しています。 また、この後のスクリーンショットをわかりやすくするため、PowerShellウィンドウの背景色を
コンテナー ホストは紺、
Windows Server コンテナーは赤、
Hyper-V コンテナーは緑
に設定しています。

fig01

プロセスの関係を理解する
最初に、作成済みの2種類のコンテナーを起動します。先の記事のとおりStart-Containerコマンドを使って起動し、Get-Containerコマンドを実行してStateがRunningであることを確認してください。

fig02

既に起動しているコンテナー ホストを入れると3つの環境が起動していることになります。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/microsoft/microsoft23.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]