マーケター必見!MAで実現できる効果的なマーケティングプログラム7選 2016年版

MAのマーケティングプログラムをご紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2016年はマーケティングオートメーションの戦国時代と言われています。しかし、まだまだマーケティングオートメーションはマーケターには浸透しておらず、『そもそも何ができるツールなの?』という声をしばしば耳にします。単に「マーケティングを自動化するツール」という説明だけでは不十分なのかもしれません。本稿では、マーケティングオートメーションを真に理解していただくために、具体的に何ができるツールで、どんな効用をもたらすのかを施策を挙げながらご紹介していきます。本稿を通じて、皆様のマーケティングオートメーションに対する理解を深めていただければと考えています。紹介するプログラムは弊社パートナーとして取り扱うSalesforce Marketing Cloudの機能に準じてご紹介いたします。

ジオターゲティングプログラム

モバイルアプリを利用したマーケティングプログラムです。企業が予め設定した場所や店舗の近くに顧客が来た際に、プッシュ型のコミュニケーションで限定クーポンやイベントの告知をすることができます。それにより、オンラインからオフラインといったO2Oによる店舗集客を実現することが可能となります。

クリメイトプログラム

天候や気温データを活用して、「雨の日に自動で雨の日クーポンをメールやアプリ、LINEでメッセージを顧客に送る」や「最高気温が30度以上の日に自動で猛暑限定クーポンをメールやアプリ、LINEでメッセージを送る」などのプログラムが実現可能です。季節や気候によって売上が左右されるビジネスにおいて、売上毀損リスクを未然に回避することが期待できます。また、季節や気候と関係のないビジネスにおいても、他社と差別化が図れるプログラムとして大変効果的です。

続き(記事全文)はこちらから確認ください。

本ページでは記事の一部をご紹介しています。全文は下記URLより閲覧ください。
https://pierrysoftware.jp/marketingautomation-program-2016/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

著者プロフィール

松村 俊樹
デジタルマーケティングコンサルタント

Pierry Software Japanにてマーケティングオートメーションを中心としたデジタルマーケティングの戦略プランニング、導入・運用支援を行う。また国内のWebマーケティング責任者として戦略立案、Web解析、SEO対策等を担当している。Google Analytics 個人資格(GAIQ)認定。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
クローラーが、インターネット上にあるWebサイト上の文書や画像を巡回(クローリン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]