10+ Years of Rails with DHH

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「10+ Years of Rails with DHH 」を公開しました。
みなさんこんにちは!このコラムでは、海外で話題に挙がったRuby on Railsネタを提供していきます。

 changelogというサイトのポッド キャストに、Ruby on Railsの開発者であるDavid Heinemeier Hansson (DHH) の1時間以上にわたるインタビュー(音声)が掲載されました(*1)。タイトルは「10+ Years of Rail with DHH」。なぜRuby on Railsを始めたのかを始め、多くの興味深いことを語っています。

 DHHは、2004年に Basecampというプロジェクトを 始めた際、それまで使っていたPHPやJavaではなく、Rubyを使うことにしました。後にこのプロジェクトのフレームワーク部分を切り離したものが、 Ruby on Railsです。彼にとって、早く書けるけれどもきれいに書けないPHPと、きれいに書けるけれども早く書けないJavaは、次の新しいプロジェクトには 不向きだと考えたのでした。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/ruby/columns/trans/trans05.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]