10代のTikTok利用率がこの4年で20%→55%まで急上昇! 主要なSNS6種の利用率を調査【モバ研調べ】

LINEやInstagram、X(旧Twitter)など各種SNSの利用率を年代別で調査。

NTTドコモ モバイル社会研究所は、スマホ・ケータイ所有者のSNS利用動向についての調査を実施した。15~79歳の男女6,440名が回答している。

LINE利用率は84.9%と圧倒的、一方で10代のTikTok利用率が急上昇

SNS利用率調査

まず、LINE、X(旧Twitter)、Instagram、Facebook、TikTok、Threads(スレッズ)の利用率(月に1回以上利用)について聞くと、「LINE」が圧倒的に多く84.9%、ついで「X(旧Twitter)」が 43.6%、「Instagram」が42.1%と続いた。なお、2023年7月にサービスが開始された「Threads」の利用率は5.1%にとどまった。

【年代別】SNS利用率

年代別に見ると、LINEは全ての年代で幅広く利用されており、10~60代では8割以上、70代でも7割以上の利用率となった。また、InstagramとX(旧Twitter)はどの世代でも同程度に利用されており、特に10代~20代の若年層に人気。TikTokは10代の利用率の高さが顕著だった。

10代TikTok利用率の推移(2020年~2024年)

10代のTikTok利用率の推移を見ると、2020年には20.8%だったのが右肩上がりで増加し、2024年には55.0%まで成長。若者における浸透度の高さが明らかになった。

調査概要

  • 【調査方法】WEB
  • 【調査対象】全国・15~79歳男女
  • 【有効回答数】6440
  • 【調査時期】2024年1月
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]