フィットネスクラブの倒産が過去最多。背景に「差別化」【東京商工リサーチ調べ】

コスト増やトレーナー不足で業績不振に。

東京商工リサーチは、「フィットネスクラブ」の倒産動向に関する調査結果を発表した。2023年度(2023年4月~2024年2月)における倒産動向を分析している。

小規模事業者の行き詰まりが目立つ

それによると、2023年度はすでに28件が倒産をしており、これまで最多だった2022年度(16件)を12件上回って過去最多を記録。最終的に2023年度は30件を超える可能性が高い。

フィットネスクラブ 倒産推移(年度)

コロナ禍が落ち着いて以降、「駅近」「安価」「24時間年中無休」といった差別化が進み競争が激化。一方で、コスト増やトレーナー不足もあって、業績不振が続く。倒産した28件は、すべて資本金1億円未満(個人企業含む)で、小規模事業者の行き詰まりが目立つ。また負債1億円以上が7件(前年同期2件)と3倍に増えた。

経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」によると、2023年のフィットネスクラブの利用者(延べ2億1,679万人、前年比3.0%増)は増加したが、事業所数(1,497か所、同0.2%減)は減少している。

調査概要

  • 【調査対象】日本産業分類の「フィットネスクラブ」の倒産(負債1,000万円以上)を集計、分析
  • 【調査期間】2023年度(2023年4月~2024年2月)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]