かわちい、スイカゲーム、アレ(阪神)など異色のラインナップ⁉「SNS流行語大賞2023」発表【イー・ガーディアン調べ】

ゲーム部門では『ティアキン』、漫画・アニメでは『水星の魔女』がトップに。

イー・ガーディアンは、「SNS流行語大賞 2023」を発表した。2023年1月1日~2023年10月31日にX(旧Twitter)上で頻繁に使用されたフレーズを集計しており、「大賞」のほか「ゲーム」「漫画・アニメ」「ドラマ・映画」「食べ物・モノ」の各部門賞が発表されている。

2023年、X(旧Twitter)で最も話題になったのは?

SNS流行語大賞 2023 TOP10

2023年のSNS流行語大賞に輝いたのはZ世代で流行したワード「かわちい」。コーデ紹介動画の中で「この○○が、かわちい」というフレーズが多く用いられ、日常的な会話にも波及。1日あたりの話題量は約9万件にのぼった。

2位はゲーム実況がきっかけで人気に火がついたNintendo Switchのパズルゲーム「スイカゲーム」、3位はYukopiさんの楽曲『強風オールバック』の歌い出し「○○した瞬間、終わったわ」。5位には阪神タイガースの優勝を表す「アレ」がランクインした。

ゲーム部門

ゲーム部門

1位は『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』で、600万件以上の話題量を獲得。ゲーム内に登場する「コログ」のセリフ「もう疲れちゃって 全然動けなくてェ…(コログ構文)」は、ノミネートワード30に選出されている。また、5位には話題の睡眠アプリ『ポケモンスリープ』が入った。

漫画・アニメ部門

漫画・アニメ部門

漫画・アニメ部門では、『呪術廻戦』や『鬼滅の刃』などのメジャータイトルを押しのけ、『機動戦士ガンダム 水星の魔女 Season2』が1位に。以前から人気のある作品でも、テレビ放送や最終回をきっかけに「再燃」する人が多いようだった。

テレビ・映画部門

テレビ・映画部門

1位は仮面ライダー生誕50周年記念作品の『シン・仮面ライダー』で、歴代の仮面ライダー映画史上最高記録かつ初の興行収入20億円突破の快挙を成し遂げた。2位は『名探偵コナン 黒鉄の魚影』、3位は『THE FIRST SLAM DUNK』が僅差で続き、4位には『VIVANT』がドラマで唯一ランクイン。5位の『RRR』では、超高速ダンス「ナートゥダンス」も注目された。

食べ物・モノ部門

食べ物・モノ部門

YouTuberのHIKAKIN監修のカップラーメン「みそきん」が圧倒的1位。5月に発売されるも売り切れが続出し、8月に再販されてもなお即完売という人気ぶりだった。2位の「コオロギ」は、無印良品の「コオロギせんべい」や「コオロギチョコ」などのコオロギパウダーを使用した商品が話題となった。

調査概要

  • 【調査時期】2023年1月1日~2023年10月31日
  • 【調査対象】X(旧Twitter)上で頻繁に使用されたフレーズを独自集計
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]