ユーザーローカルが「プレスリリース記事変換AI」、プレスリリースから記事を自動執筆

無償で提供、タイトルを複数提案、要約も自動生成、「業界No.1」などに注意アラート

AI(人工知能)・ビッグデータ分析技術開発のユーザーローカルは、プレスリリースを元にしてニュース記事を自動で執筆する生成AIサービス「プレスリリース記事変換AI」の提供を始める、と12月5日に発表した。任意のプレスリリースの内容から、生成AIアルゴリズム(計算手順)によってニュース記事をすばやく自動生成する。会員登録は不要で、メディア企業や個人ライターを問わず無料で利用できる。

プレスリリースからニュース記事を自動執筆する「プレスリリース記事変換AI」

タイトル案を複数提案するので、ライターや編集者は気に入ったものを選べる。記事本文だけでなく全体の要約も生成するので内容を端的に理解できる。「業界No.1」や「国内最大」「世界初」など未確認の最上級表現を含むプレスリリースにはアラートが出て、エビデンス確認を促す。プレスリリース配信サイトの「PR TIMES」と「@Press(アットプレス)」はURLを入力するだけで自動で内容を読み取り記事を生成する。

タイトル案を複数提案、要約も自動生成可能

プレスリリース内の表現をニュース記事でよく使われる表現や文体に変換し、「です・ます調」を「だ・である調」に変換できる。メディア企業の記者やライターには毎日大量のプレスリリースが届くが、記事化に労力を要するため記事の数に制限があり、記事にしたくてもできないプレスリリースが多い課題があった。プレスリリース記事変換AIのサービスを利用することで、ニュース記事の執筆作業を大幅に効率化することができる。

「PR TIMES」と「@Press」はWebページの自動読み取りに対応
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

視聴率
あるエリアにおいて、あるテレビ番組やコマーシャルがどれくらい視聴されているかを示 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]