アプリ多言語化「WOVN.app」でWebView翻訳が可能に、アプリ画面と一元的に多言語化

Wovn Technologies、高頻度の更新コンテンツもリアルタイムに、HTML編集機能も搭載

多言語化ソリューション開発・運営事業のWovn Technologies(WOVN)は、同社が展開するアプリ多言語化ソリューション「WOVN.app(ウォーブン・ドットアップ)」で、WebView(ウェブビュー)の翻訳を可能にした、と11月16日発表した。SDK(ソフト開発キット)を組み込むと、アプリの画面とWebViewが一元的に多言語化できるようになる。

WebViewは、アプリにブラウザの機能を埋め込み、アプリ内でウェブページを閲覧できるようにする機能。アプリ画面で既存のウェブページが取り込める。WebViewを使うアプリが多い一方、WebViewは翻訳の対象外のため、個別に翻訳手段を検討する必要があった。WOVN.appは今回、アプリの画面とWebViewの同時多言語化を可能にした。

WOVN.appができることの概念図

これによって、お知らせやニュースなど高い頻度で更新するコンテンツでもリアルタイムの多言語化が実現する。WOVN.appは、HTMLの編集機能も新たに搭載した。多言語にしたアプリの文字フォントサイズやテキストの色などが管理画面で容易に変更できる。翻訳前後でレイアウトが崩れた時や、地域ごとに好まれる色を使う際に役立つ。

イメージ
今後対応を予定する各種機能
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クチコミ
情報が人から人へと口伝えにつたわること。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]