メルカリがフリマ利用者をAIでサポートする機能「メルカリAIアシスト」の提供を開始

第1弾で商品を売れやすくするための改善を提案する「出品商品の改善提案機能」導入

フリマアプリ「メルカリ」を展開するメルカリは、アプリのメルカリ上でフリマ利用者をAI(人工知能)がサポートする機能「メルカリAIアシスト」の提供を始めた、と10月17日発表した。生成AI、LLM(大規模言語モデル)を活用した。第1弾で商品を売れやすくするための改善を出品者に提案する「出品商品の改善提案機能」を導入した。

メルカリAIアシストは、出品・購入・その他困ったことの解決など、さまざまな場面でAIが利用者の最適な行動を促す機能。フリマ利用者に見える形での生成AI、LLMのアプリへの実装はこれが初という。出品商品の改善提案機能は、一定期間売れ残っている出品商品に対してメルカリの過去の情報からAIが商品情報の改善を提案する。

商品サイズ、購入時の価格など、追記するべき内容の提案に加え、推奨する商品名なども自動で生成する。当初は「メンズ」「レディース」「おもちゃ・ホビー・グッズ」「本・音楽・ゲーム」「スポーツ・レジャー」「インテリア・住まい・小物」「ハンドメイド」の一部商品のみとなる。利用できるのは当面「iOS」版のメルカリ。

「メルカリAIアシスト(出品商品の改善提案機能)」の使い方その1
使い方その2
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]