Faber Companyが「ミエルカ式SEOチェックリスト」にAI活用を加えてバージョンアップ

10カテゴリ、101項目からなる最新チェックリストでWebサイトのSEO状況を見える化

Webマーケティング支援のFaber Company(ファベルカンパニー)は、15年以上のSEO(検索エンジン最適化)支援の実績を生かした「ミエルカ式SEOチェックリスト ver.2」を10月11日に公表した。WebサイトのSEO状況を調べられるリストは無料でダウンローできる。チェック項目を30項目増やして101項目にアップデートした。

新しいチェックリストのカテゴリには「AI(人工知能)活用」を追加し、①SEO施策設計・企画、②Webサイト構成、③コンテンツ構成、④ツール活用、⑤ユーザー体験、⑥被リンク(外部リンク)、⑦サイテーション(言及)、⑧顧客リサーチ、⑨PR・広報活動、⑩AI活用――の10カテゴリとなった。それぞれ5〜10個程度の項目で構成されている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]