「リチカ クラウドスタジオ」に「Facebook」「Instagram」用の動画フォーマット追加

リチカ、媒体が推奨する規定に適した広告クリエイティブが制作可能、広告成果向上へ

デジタルマーケティング支援事業のリチカは、同社が展開する運用型クリエイティブクラウド「リチカ クラウドスタジオ」に「Facebook」「Instagram」用の新たな動画フォーマットを加えた、と9月29日発表した。Facebook、Instagramが推奨する規定に適した広告クリエイティブが制作でき、広告の成果につながりやすくなる。

リチカ クラウドスタジオは、デジタル広告のクリエイティブやSNS用の動画、静止画を制作・運用するツール。配信面に最適化したクリエイティブが誰でも容易に制作でき、検証、改善が可能。動画広告の需要が拡大する中、広告媒体が多様化し、各媒体が推奨する広告クリエイティブ規定に最適化してないケースも多いという。

配信先に適した見せ方でないと成果が出にくい。そのためリチカは、Facebook、Instagramを運営するMetaが推奨する規定と、リチカ クラウドスタジオ上で制作された50万本の動画広告データを基に、Facebook、Instagramに特化したフォーマットを開発した。リチカは、Metaとビジネスパートナーになっている強みを生かした。

追加フォーマットの例①
追加フォーマットの例②
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]