電通が社内横断のゲームクリエイティブチーム「デンツウゲームセンター」を立ち上げ

ゲームに詳しい約200人のバーチャル組織、ゲーム商材のマーケティングを迅速に開発

電通は、社内のさまざまなクリエイティブ部門を横断したゲームクリエイティブチーム「デンツウゲームセンター」を立ち上げた、と9月15日発表した。ゲームに詳しい人材約200人を集めたバーチャル組織となり、各ゲームコンテンツに適した人材を素早く任命し、ゲーム商材のマーケティングや広告コミュニケーションのソリューションを開発する。

デンツウゲームセンターは、ゲーム商材のクリエイティブ制作が得意なクリエイターの人材プール。センターの人材は家庭用・アプリ・パソコンゲームそれぞれの特性を理解している。ゲームへのプロの目線とクリエイティブの専門性の組み合わせることで個別のゲームコンテンツの良さを発見し、ユーザーに伝わるコミュニケーションの開発を進める。

センターの人材はゲームに関して幅広く把握しているため、ジャンル、プレー環境、プレーヤーが多様化するコンテンツのニーズに素早く対応できる。組織を超えた協働によって、最新の市場やユーザーインサイト(潜在ニーズ)情報を共有し、ソリューション提案力を高めて独自メソッドを開発。広告主に効果的なコミュニケーションを迅速に提供する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーテスト
Webサイトやソフトウェア、製品などの使いやすさ、使い勝手を実際にユーザーに試し ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]