DNPがXRコミュニケーション事業でnewtraceと業務提携、「Roblox」でサービス展開

世界大手のゲーミングメタバースプラットフォームで国内企業のIPビジネスを開始

大日本印刷(DNP)は、リアルとバーチャルを融合した同社のXR(クロスリアリティー)コミュニケーション事業で、3D(3次元)CG制作のnewtraceと業務提携した、と6月8日に発表した。米国Roblox(ロブロックス)が提供するゲーミングプラットフォーム「Roblox」を活用したサービスを両社で展開する。Roblox内の仮想世界「ワールド」で国内のIP(知的財産)コンテンツが楽しめる「ワールド・デジタルアイテム」を提供する。

Robloxで制作したワールド「日本浮世絵街道」(左)と、販売アイテム「キャラクターお面」(右)

 

Robloxは、アバター(分身)でユーザー同士が交流して過ごすメタバース(インターネット上の仮想空間)の側面も持つグローバルプラットフォーム。約180の国・地域で2億人以上がプレイし、1日約6620万人のアクティブユーザーがいて、欧米を中心に世界的な企業がマーケティング目的で進出している。newtraceは、実在するテーマパーク「志摩スペイン村」をRobloxに再現して、米国Robloxの国内パートナーとなっている。

アニメ・マンガ・ゲームのIPホルダーと関係が深いDNPと、CG制作と建築設計で培った空間演出に強いnewtraceは、国際的なゲーミングプラットフォームで各種エンターテインメント企画を立案・運営してデジタルアイテムを販売する。IPを活用した企業の独自のワールドやアイテムでコンテンツとファンをつなぐ。まずnewtraceが制作・公開する「日本浮世絵街道」で、DNPがプロデュースしたキャラクターのアイテムを販売する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]