会計ソフト「freee会計」の取引先管理でインボイス事業者か自動判定する機能の提供開始

freee、取引先情報に登録番号を入力すると該当するかどうかを判定、国税庁Web-APIを経由

会計・人事労務ソフト開発のfreeeは、同社が展開するクラウド会計ソフト「freee会計」の取引先管理で、適格請求書発行事業者(インボイス事業者)か自動判定する機能の提供を始めた、と12月20日発表した。取引先管理には取引先の情報を登録。自動判定機能は、取引先情報に適格請求書発行事業者の登録番号を入力すると、該当するかどうかが分かる。

取引先が適格請求書発行事業者に該当するかの自動判定は、国税庁の適格請求書発行事業者公表システムWeb-APIを通して行う。このWeb-APIは、ユーザーのシステムからインターネットを経由してリクエストを送信すると、情報の取得が可能。登録番号▽取得期間▽登録番号と日付--のどれかを指定することで情報が取得できるサービスを提供している。

freee会計では、設定画面で登録した取引先を表示し「適格請求書発行事業者の登録番号」の[存在する番号かチェック]を選ぶと、入力した登録番号と国税庁のデータベースを照合。同一の番号が存在するかチェックできる。取引先の適格請求書発行事業者への変更予定も自動判定。適格請求書発行事業者を取りやめた場合にはメッセージが表示される。

番号が存在する場合
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Atom
(1)フィードのフォーマットの一種 インターネットの更新情報を配信するため ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]