Reproがアプリストア最適化(ASO)ツール「ASO Insight」を全面リニューアル

データ基盤を刷新するとともにUIを一新、必要な機能を整理してアップデート

ウェブとアプリの収益最大化サービスを手掛けるRepro(リプロ)は、同社が展開するアプリストア最適化(ASO)ツール「ASO Insight」を全面リニューアルした、と11月9日発表した。ASOの業務の負担軽減と利便性向上を目指し、データ基盤を刷新するとともに、UI(ユーザーインターフェース)一新した。加えて、必要な機能を整理してアップデートした。

ASOは、アプリストアの各種設定を最適化してアプリのダウンロード数を増やす施策。ASO InsightはASO施策の実施と効果測定の簡易化・自動化を可能にする。今回のデータ基盤の刷新によってデータの読み込み・処理速度を大幅に改善し、より快適にした。UIは、業務工程と活用時の導線に合わせて機能を再設計・再配置して視認性と利便性を高めた。

UIのフルリニューアル

機能のアップデートは①2期間比較の追加②複合語キーワードテーブルの追加③集計粒度の多様化④文字数フィルター--の4つ。①は、2つの期間を指定してキーワードの検索順位やダウンロード数の変化の比較を可能にした。キャンペーン前後の変化が集計作業の手間なしで把握できる。②は親キーワードと子キーワードを自動分類して集計・表示する。

2期間比較の追加
複合語キーワードテーブルの追加
集計粒度の多様化
文字数フィルター
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]