ZOZOがショップ販売支援ツール「FAANS」に新たにコーデ投稿・成果確認機能を追加

「ZOZOTOWN」とアパレル実店舗をつなぐOMOプラットフォーム「ZOZOMO」の正式サービスに

ファッションEC「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは、ショップスタッフの販売サポートツール「FAANS(ファーンズ)」にコーディネート投稿と成果確認の機能を追加して正式版として提供を始めた、と8月2日に発表した。コーディネート投稿機能でショップスタッフは、ZOZOTOWNやZホールディングスグループのシナジーを生かした「ZOZOTOWN PayPayモール店」、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」に同時投稿できる。

FAANSが提供する機能

 

成果確認機能は、投稿コーディネート経由のEC売上や閲覧数などの成果を可視化。ショップスタッフのオンライン上での活躍を適切な評価につなげる。既に「アダストリア」、「パル」、「ラコステジャパン」など複数のブランドに新機能の提供しており、提供先は順次拡大する。コーディネート投稿機能と成果確認機能は、今秋から可能になるブランド自社ECへのコーディネート投稿を含めて無料で提供する。

FAANSは、2021年11月開始のZOZOTOWNとブランド実店舗をつなぐOMO(オンラインとオフラインの融合)プラットフォーム「ZOZOMO(ゾゾモ)」のサービス。アパレルリテールテックとして、ファッション業界の新しい仕事道具となることを目指している。第1弾では、顧客がZOZOTOWN上でブランド実店舗の在庫取り置きを希望すると、ショップスタッフがFAANS上での簡単操作で取り置き対応を完結できる機能を導入していた。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]