就活生はウソをつく…嘘で内定をもらったのは驚異の8割超! もっとも多かった嘘は?【Job総研調べ】

会社側もウソをつくのでおたがいさま? 就活生よりも多いか少ないか意外な結果も。

ライボが運営するJob総研は、「就活の嘘に関する実態調査」の結果を発表した。社会人(経験3年未満)男女191人から回答を得ている。

ウソをついたことがあるのは38.7%

まず「面接やESで“学生時代の経験”について嘘をついたことがあるか?」を聞くと、「ある」が38.7%。性別では男性34.5%に対し女性は46.6%と半数に迫るが、かろうじて「ない」という人のほうが多い。

具体的に「ついた嘘の内容」を聞くと、「御社が第一志望だと偽った」48.6%が断トツの1位。以下「ガクチカ(学生時代に力を入れた活動)の内容を盛って話した」27.0%、「全く経験のないことを自己PRで伝えた」10.8%が続く。なかには「取得していない資格を持っていると言った」2.7%という大胆な人たちも存在する。

こうして嘘をついた人たち(n=74)の結果だが、面接官が嘘の内容に興味を示したのは、「とてもそう思う」18.9%、「そう思う」47.3%で、合計66.2%。面接官が嘘の内容を評価していたのは「とてもそう思う」21.6%、「そう思う」51.4%で、合計73.0%。さらに「嘘の内容で内定をもらったことがあるか?」には、83.8%が「ある」と回答している。

一方、「入社後、選考時に聞いた内容とギャップを感じたか?」という質問には、45.0%が「ある」と回答している。これを“会社側のウソ”という見方をした場合、会社側のほうが一枚上手のようだ。なお最も多かったのは「仕事内容」33.8%で、「給与」20.9%、「残業」17.5%、「社風」15.1%が続いた。

調査概要

  • 【調査対象】全国の男女(社会人経験3年未満)、20人~1000人以上規模の会社に所属
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2022年7月6日~11日
  • 【サンプル数】191人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]